今日、会社のPCにアレを入れてみました。

「今日、会社のPCにアレを入れてみました。」の有益情報をお届け!

コンピュータ屋の本音のホンネ

パソコン関係や業務で役立つネット集客のコツなどをプロ目線で紹介しています。

2010年11月06日

今日、会社のPCにアレを入れてみました。

先日、ダウンロードしたMS-Office互換ソフトを入れてみました。
今回入れたのは、「Lotus Symphony 3」。

Kaspersky Internet Security 2011


以前、バージョン1.3をインストールして試しに使ってみたのですが、Excelファイルを開くとレイアウトが崩れたり、セルの書式が変わったり、とイマイチな印象だったのですが、今回、バージョン3が出たということで、どれだけ互換性が改善されたか見てみよう、ということで入れてみました。

NEC延長保証サービス


が、インストールでいきなりつまずきました。
インストール後、Lotus Symphonyを起動すると、「バージョン1」の表示が。
メインメニューから新規作成しようとしても、反応無し。
しかも画面は上のメニューが隠れるキオスクモードになってる。


こりゃおかしい、インストールに問題アリ、と早速ヘルプを見ると、「インストールするときは以前のバージョンを完全に削除してからインストールしてください。」とのこと。
なんのこっちゃ。
そのままアップグレードしてくれないようです。
ということで、一旦古いのを削除して、残ったファイルを削除して、再度インストール。

ウイルスセキュリティZERO


今度は無事成功。
で、Excelファイルを開いてみたら、やっぱり互換性の問題は残ってました。
今回特に気になった点が2つ。

短納期が魅力の即納パソコン


ひとつはテキストボックス。
編集画面上や印刷プレビュー画面では、文字間隔が0ptもしくは-2〜3ptくらいじゃないかというくらい密着してて、非常に見づらかったです。
でも印刷すると、設定通り正常な文字間隔で印刷されます。


もうひとつはセルの計算。
編集画面上では計算結果が0だと何も表示されないのに、印刷プレビューで見ると「\0-」が表示されています。
印刷しても表示されます。

わずか5分で年賀状が完成!「筆休め2005」


まったく新規に作成するなら全然問題ないので、個人で使ったり、業務でも他とやりとりすることがないのであれば、Lotus Symphonyを使うのはありでしょうが、それ以外の場合では、やっぱりマイクロソフトOfficeを使った方が、何かとトラブルも少なく使いやすいかと思います。


これのベースとなったOpenOffice.orgを全面採用した会津若松市の皆さんの努力は凄いな、と思った次第でした。
役所のように影響力のあるところが積極採用して、おつきあいのあるところが追従する格好が普及の理想型なのかもしれませんね。
スタースイート 9
 

パソコン工房

 

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

 


ランキングサイトに登録しています。今回の記事があなたのお役に立てたらポチッと1クリックご協力お願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

posted at 09:00 | 新潟 ☔
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:ソフト
エントリー:今日、会社のPCにアレを入れてみました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

メールアドレス: title=a href=